落語研究会「菊江の佛壇」五街道雲助【TBSオンデマンド】

公開日:  最終更新日:2017/07/08



落語研究会「菊江の佛壇」五街道雲助【TBSオンデマンド】
コメント:「落語研究会」は、明治38年に当時の落語界に危機感を持った落語家たちが、‘落語の研究、後進の養成、寄席改良’をスローガンに、本格の落語を目指して始まった歴史ある会。現在では、落語家が人前で演じることによって芸を研くことに重点がおかれ、TBS主催により毎月国立劇場小劇場で当代の人気落語家たちによって、珠玉の演目が披露されている。お届けするのは、五街道雲助(ごかいどう・くもすけ)による「菊江の佛壇(きくえのぶつだん)」。

「菊江の佛壇」
とある大店の若旦那、女房のお花が病を患って実家に帰っているというのに、一度も見舞いに行かず道楽ざんまい。大旦那が番頭にそのことをぼやいていると、酒の匂いをさせながら若旦那が帰って来た。さっそく大旦那は若旦那を呼び、見舞いに行くよう促すが、当の本人は全く聞く耳を持たない。そんな折、お花の具合が悪くなったとの知らせが…。仕方がないと大旦那、自分が代わりに見舞いに行くことに。ところが…。
【平均評価】 【レビュー】
2017-01-07T9:59:38+09:00DMM

-- Delivered by Feed43 service

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑