第5章 愛とは決して後悔しないこと【TBSオンデマンド】

公開日:  最終更新日:2016/12/08



第5章 愛とは決して後悔しないこと【TBSオンデマンド】
コメント:康弘(緒形直人)と香代(大塚寧々)のここ数日の行動を見かね、瞳(夏桂子)は「香代なんか引き取るんじゃなかった」と口走る。香代が問い詰めると、良子(根岸季衣)が香代は愛人の娘だと話してしまう。その夜、康弘は瞳から、香代は秋子(小柳ルミ子)が刑務所で産んだ子で、夫の遺言で仕方なく引き取った事実を聞き出す。翌朝、香代は家を抜け出し実母とは知らず秋子の家に転がり込んだ。そんな時、康弘の元へ克己(的場浩司)が訪れ、香代にプロポーズしたいと打ち明ける。康弘は克己に「香代を愛している」と伝え、怒った克己は康弘を殴り飛ばす。一方、朋子(横山めぐみ)は編集長・涼太(神保悟志)に編集会議を理由にホテルに誘われた。朋子が康弘に相談すると、康弘は涼太に「朋子と会議する必要は無い」と訴え、朋子はそれが自分への愛だと喜ぶ。だが、そんな朋子に康弘は「香代を愛している」とはっきり告げる。
【平均評価】 【レビュー】
2016-01-12T9:59:39+09:00DMM

-- Delivered by Feed43 service

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑