第10章 愛とは決して後悔しないこと【TBSオンデマンド】

公開日:  最終更新日:2016/12/10



第10章 愛とは決して後悔しないこと【TBSオンデマンド】
コメント:克己(的場浩司)は康弘(緒形直人)を訪ね、香代(大塚寧々)との別れを迫る。だが、康弘が拒むとナイフを取り出し、康弘をかばおうとした香代がケガをする。翌日、香代との愛を侮辱された康弘は上司・金森(神保悟志)を殴ってしまう。坂本(神田正輝)が康弘をかばおうとするが、康弘は辞職を決心。一方、瞳(夏桂子)が香代を訪ねていた。瞳は香代に出生の秘密を告白。香代は自分を恥じ康弘の前から消えることを決意。その決意を胸に香代は康弘と初めて心も体も結ばれた。翌朝、康弘と別れて旅立とうとする香代に、秋子(小柳ルミ子)は「もうひとつ道がある」と言い出す。秋子は康弘を太田家に呼び、瞳、良子(根岸季衣)、朋子(横山めぐみ)、香代の前で、香代の父親は瞳の夫ではなく自分が殺した男だと発言。すると香代は喜ぶどころか自分に康弘と同じ血が流れていないことを嘆くのだった。
【平均評価】 【レビュー】
2016-01-12T9:59:44+09:00DMM

-- Delivered by Feed43 service

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑