第1話 IQ246~華麗なる事件簿~【TBSオンデマンド】

公開日:  最終更新日:2016/10/30



第1話 IQ246~華麗なる事件簿~【TBSオンデマンド】
コメント:北鎌倉に法門寺家という名家がある。やんごとなき人物の末えいで、時の権力者からその存在を隠されてきた。現在もその存在を知るものはごく一部しかいない。そんな法門寺家の長男にはIQ246の頭脳が代々遺伝するという。89代目当主・沙羅駆(織田裕二)も例に漏れずIQ246の天才だ。凡人が治める今の世は刺激が少なすぎ、常に暇を持て余していた。ある日、警視庁の刑事・和藤奏子(土屋太鳳)は突然捜査一課に配属され、法門寺家当主の護衛を任される。法門寺家へ着任のあいさつをしに行った奏子は、そこで代々法門寺家に使える執事の89代目・賢正(ディーン・フジオカ)と出会い、執事がいることに驚く。一方、暇に耐えかねた沙羅駆はタクシーでこっそり家を抜け出し、殺人現場に遭遇。女性の他殺体を一目見ただけで被害者の人となりや犯行の手口などを言い当てるものの、無銭乗車の罪で連行されてしまう。しかし、法門寺家自体が国家的な機密事項のため、警視総監命令ですぐに自由の身となるのだった。その頃、変わり者の法医学専門医・監察医の森本朋美(中谷美紀)は運び込まれた遺体を検分し加害者をある程度絞り込むが、沙羅駆が全く同じ見立てをしたと刑事から聞き、まだ見ぬ沙羅駆に心を躍らせる。
【平均評価】 【レビュー】
2016-10-20T9:59:58+09:00DMM

-- Delivered by Feed43 service

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑